FC2ブログ
無愛想な犬
絵描いたりしてます(黒歴史と共に生きます)
202007<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202009
ため息が止まない
ちょっと疲れたかもな


明日もやっぱり休もうかな


遊んで疲れて休むって最低よな


いろいろと思ったこと整理したいけど、一個はちょっとまとまらなかったんでやめときます

とにかく俺聞き下手になったわ

もともと聞き上手じゃないけどさ


俺は  社会の理不尽さを経験してるのか まだしてないのか

そこは知りたいけどね 
だれも全部をしることはできないんだけど・・・なんか 「いやそれは違うと思うな」って思ってねぇ
でもそれ飲み込んで

なにやってんだいwwww

意見言える人間って周りにいるのってすごく大事な事なんやね

追記は関係ない けど すごく珍しく真面目話



ちょっと今日ニュース見てて 考えさせられた


その
殺人というものについて

まあ僕は意見を受け入れやすい方なんで、鵜呑みにしちゃってると思うんですけど

なんか いつ人って死ぬか分からないんだなっていうこと考えさせられた

そんな日に限って帰り道びびり度がすごかったww


でも実際そうなんよね

悪い事をした側とされた側

その 死刑とかそのへんは置いといて


なんていうかなー 変な言い方するからね
その

した側も理由があるときもある
ただおかしい理由が最近よくみかける

そういうのがあったときされた側のことを考えると・・・すごくさびしくて怖くて切なくなった

多分このタイミングでこんな事いってると大体の人はなんの話かわかるかなぁーと


おかしい理由が認められる世の中が怖くて仕方ない
だって助けられる?保護される権利があるのってされた側でしょ?

なのになんで罪を犯した方が保護されちゃうのかなって

いや保護する必要もあると思う
でも違うのよ 過度に感じる

責任がとれるとれないの判断が難しいのはわかる
でも何か違う

さっぱり頭まわってねーーwww


いやごめんなさい

結論でてるね

今の世の中が怖すぎて、仕方ない
いつ死ぬか分からない、そして守るべきところが守られない

そんな風に感じたんだと思う

いつ死ぬかってのも病気とかなら仕方ないとおもうんよね
でも

なんかその 殺されたとかってどうしようもないけど 納得一番出来ないのよ

運命ってよくいうけど
なんとかなるだろうって感じる

例えば寿命が運命っていうのは納得できる
それはどうすることもできないよ

だけど

明日朝起きて、いつも通りでかけて いつもどおりしてたのに・・ってなるじゃん

一体その人がなにしたのよ
その人が悪いことしたの??

まあそういう場合もある
悪い事して復讐された話も聞いた事あるから
それは除外して


今は除外して

やっていいとは言わんけど今は除外して!!

けど違うじゃん

今違うじゃん 生きる価値がなかったわけでも、人に恨まれるようなことしたわけでもないなかったのにっていうのが

昔からあったのかな
そういうの・・・

今インターネットとかで情報をたくさん入れれるから知ることが出来るけどっていうのもあるんだろうね


今の世の中

人が一番怖い
もともと人って勘違いして生きてると思う
世界で一番偉い存在って

まあ国によっての考え方とかもあるしいいけど
そういう教えとかじゃないジャンル?の「偉い」って思う人間が増えてる気がする


自分自身バカだからうまく表現できない

あー 家に帰りたい


昨日家に帰る時 日本橋のデンデンタウンから駅までの道のり
一人じゃなかったけど、大通りをできるだけ通って帰ったのも 怖かったから

怖くて 友達もいたし 何かあるのが一番いややしね



昔は
「私は大丈夫」っていう気持ちがどっかにあった
多分私がこういうこと書いたのをみて
「別にお前そんなことおきねえからwww」
みたいに思う人もいると思う

別にそれはいいけど
もはやそんな気持ちもてなくなった
それは
多分どちらの立場もそうなんだと思う


去年見た夢 今でもイヤになるくらい覚えてる
起きたら心臓がすごく早くなってた

カッとなって怒って 誰かを殺した夢
すごく怖かった

怖い夢のジャンルが違いすぎた
泣いた

そんなことを考えるようになったきっかけかもしれない

・・・いや


大丈夫だからね!通報しないでね!!!まじで
まとも(のつもり)だから!

なんて暗い記事かいてんだいwwww

まじまとまってなくてすいませんでした

あとバカですいませんでした


バカでも必死に生きてます!!
自分で自分を殺す事もしたくありません!!



多分公開にしたあと後悔する!!
いつか消すかも??
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.