FC2ブログ
無愛想な犬
絵描いたりしてます(黒歴史と共に生きます)
202007<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202009
惚れた!!
というわけで予告どおり闇ダン語りです

もういつものことだろうって感じですが

クリアした分 あほっぷりがでるかもですがもうね

そこは(笑)

とりあえずテカダマの二人の設定は決めてて良かったと思います

決めてなかったら今回のような時ダンとは違った感覚には陥らなかったと思います
まあ別のとりかたがあったのなら、それはそれでありですが

あー多分こんなに兄貴がかっこよく感じたのってコレが最初で最後だよ(笑)




闇ダンク()リア
(ミズトのひれがちいさかった・・・トゲささってないからね!ただ説明するのがめんどうなんだ!)
へーい!
止まってたのが、幻の大地入り口

そこから一気にすすめました
一度もトレジャータウンにもどることなく、ぶった切る事ができました


前回時ダンでは何度も殺され復活の種がなくなるところまでいってしまいましたが
今回はリュウセイチームの助けもなかったような気がする

復活の種は4個か3個もってたんですが、たりるかなぁってすごい不安ではありましたね

猛撃の種は必須!!途中でも結構拾うことも多くディアルガ戦では4個ありました


あともうちょっとグミ食べてミズトのかしこさあげとけばとかったなぁとはおもいましたが
あししょうばつぐんだっけ?

効果抜群だと急所にあたりやすくなるやつ あれあって助かりましたね
でも幻の大地ではミズトもチノも相性がわるいため、これはもどってしまう?
とか考えてました
トロピウスとかカイリューとか
どうでもいいときにジュプトルは穴ほるし


ただ一度も戻る事がなかったのでラプラスさんの台詞はありませんでしたけどね

あージュプトルが未来へ帰った後にラプラスのとこ戻ると
「ジュプトルさんは?」

ってきかれるやつです

ただ失敗したのが結局のところデジカメで撮ってたのです
で終わった後きっと
「冒険を記録しますか?」って聞かれると思ってたんだ

そこで電源きってもっかいあの悲しいけど感動のシーンを見ようと思ってたら

オートセーブでした

アウトや・・・

まあいいですけど
ちょっとミスったけどちゃんと撮れましたし


ヨノワール戦ではやはり苦労しましたが、睡眠の種で眠らせてその間にヤミラミを倒して
どとうのいじめです(笑)

その後は真実を知るミズト
なんだろう
そのときジュプトルが
「チノはお前を慕っているだろう」

えーっとそれはどうとれば?
まさかジュプトルがそんなんにきづいとったら恐ろしいわ!
つうことで馬鹿二人は微妙なずれてしまっているけど外れてはいない会話を続けます(笑)

いいんだ!まだチノだって自分の気持ちに気づいてないんだって!!(多分)

でもやっぱり涙腺危ないって!!
もう!なんか色々と

でもってディアルガ戦
もう鬼だね

どっちかっていうと

テカダマが

いや俺がか

時の咆哮が痛いけど、それを打たれた後ゴローンの石(ほんとは石のつぶてがよかったけど)をディアルガの目の前に置いて

逃げる(笑)

そのとき一度兄貴が倒れてしまいましたが、復活の種使ったのってそれ1回きりだと思う
ゴローンの石を持ってしまったディアルガは、それしか投げない(笑)

コレ一応公式の倒し方だけど、えげつないよね
その後ディアルガは腹いせといわんばかりにチノばっかりにゴローンの石を投げつけます

このやろう・・

ただミズトの水の波動で混乱しそれらしい攻撃は最初の2回の時の咆哮のみ


あとは猛撃の種をつかっているミズトの攻撃とチノのマジカルリーフの嵐

チノが一度だけ威圧感によってひるんだけど、それだけだったし
リュウセイのときの苦労はなんだっただ!?っていう勢いでした

100近くダメージあったしね ミズトの攻撃

もうディアルガ戦終われば萌えですよ(をい)

といいたいところですが、やっぱり泣いちゃったな いい大人が
なんだろうね

ほんとリュウセイのときとは全く違ったものになったね

兄貴が おっと

ミズトがかっこよかった

時の歯車をはめ込んだ後パートナーが転げ落ちるの
あれ可愛いな

ちょっときゅんとした(笑)

さて一番重要なところですが

ミズトが消えるシーン

ヒアノのときは結構厳しくキトに「生きて戻る」ということを言ったように感じたけど

ミズトはすっごくやさしかった(笑)
もっさやさしく感じた

何!?このミズト!?
え??

これは惚れるわ・・チノはこれを知っていたのか!?

「だめだよ チノ 
 1匹でも強く生きるんだ 
 ちゃんと生きて帰って ここであったことをみんなに話すんだ」

っていうご存知の台詞
なんか 兄貴が言うと・・やっばい!

ヒアノとは違ったものをすっごく感じてしまって・・・っていうかこんな時に夏の幻ながれるなよ!!
このシーンのミズトを想像すると すっごいおだやかな雰囲気ながしてればいいかなとか思ってる
滅多に見ないミズト

いっぺん描くのも楽しいかもね(笑)
無理だけど♪

ミズト「せっかく友達になれたのに・・・・」
チノ「そうだよ ミズト。君は私にとって・・・」

ここでチノの台詞がきれてるから余計鼻血吹きそうになった
そこで!?
そらミズトは友達って言ってるけど・・

そこでとめるの!??
チノ「何よりも大切な・・・」

ええ!?もっとそんなところでとめるの!?
あかんって 友達ならそこで言って!!

言って!!

いやむしろ止めるなといいつつ 止められたほうが美味しいんですけどね
とめられると・・あかん

ミズト「うん。 自分もだよ チノのことはここで消えてしまっても・・・・
    ずっと忘れない・・・」

ちょ、 ちょちょちょちょ
あんた絶対違うこと頭に浮かべてる!(笑)
チノはもっと重いんだぞ!!

とかいうと雰囲気ぶち壊しだな

でも忘れないんだもんね

ここで消えてしまうわけですが

やっぱりパートナー女の子にするとすっごくせつなくなる

チノが可愛すぎるってのもあるでしょうけど(親ばか)

多分チノが片思いだけに余計切ないんだと思う
すっごいキュンってするのよ

え?きもいって?
しるか

パソコンにいれた音楽でお気に入りフォルダの中のをききながら、改めて撮ったエンディングとかみてると

ごっつ浸れるね
危ないわ

危なすぎるわ


つうわけで闇ダンも卒業試験へ向けて頑張ります
そしてチノは探検以外で頑張ってくれればいいです(笑)

本当は上の落書きは消えるシーン書きたかったんだけど・・1枚に済ませようとしたからこっちにした


紙で描こうにも手元になく しょうがないのでSAIの鉛筆ツールで
これもいい加減慣れないといけないけどね

まあ楽しかった事 もう 楽しすぎてやばいわぁ

ただこうやって記事書いてると管理画面ではプレビューが下に出てるんです

この落書きが常に視界にはいってます

さらに!
「君の家に着くまでずっと走っていく」が流れる
しかも
そこの歌詞の一部分が・・・微妙に

あうかもしれないけどって感じで

死んでしまいそうだ(笑)
これが萌死かぁ・・


じゃれつくなぁ!!!!!!!!!!!
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
Re: 惚れた!!
エンディングまで行けたんですね!
おつかれさまです
やっぱりポケダンのエンディングは萌と感動がすごいですよね
動画とかで何回みても懲りずに泣いちゃいます
あの音楽を聞くだけでうるうるっときちゃったり(汗)

ディアルガの倒し方、おもわず笑いました
石ばっかり投げるラスボス…
しかも公式…
ディアルガ様の威厳はどこに(笑)
2008/12/03(水) 21:13:41 | URL | 白衣 #-[ 編集]
Re: 惚れた!!
なんだかんだいいながら一度はじめると止まらなくなるものです(笑)
たまらんですよ あのエンディングは卑怯だと思います!
そうですよねぇ 音楽がまたいいですよね!サントラがほしいものですよ
携帯にもはいってますが、たまに聞いてジーンとしてしまったりとかしてます

ディアルガ戦はたしかガイドブックか何かに書いてたと思います
なんて情けない時の神様よ
威厳をしめすことなく見事なやられっぷりでした(笑)
2008/12/03(水) 21:27:37 | URL | シッポ犬 #tj5EHbbQ[ 編集]
Re: 惚れた!!
感想長っ!さすがやな(笑)
ついにエンディングまで行ったんか~

しかしヨノワールとディアルガタコ殴りとは…ウチもスフィアでエイネにやらせてみようかな…あいつなら大笑いでやりそうだ(笑)

テカダマははずかひいチームやから感動とはまた違った楽しみが盛りだくさんやったようやな~(笑)
核心に触れてそうで実はやっぱりずれてる会話に妄想膨らむんやろうな。
たぶんまたダークライイベントで萌え萌えできるで。卒業試験がんばれ!
2008/12/05(金) 19:04:38 | URL | らいばる #-[ 編集]
Re: 惚れた!!
そんなにレベルに余裕があったとは思えなかったんだが、意外に倒せたよ
ディアルガの石投げネタの落書き程度は描こうかなとかおもってたり(笑)エイネがやるなら、ゼトの出番なしかもな!

もうこれだけのために頑張ってきたからね!もうっかいやりなおししたいくらい!
かなり萌えたよ!!でもって兄貴に惚れたわ
これは危ないで!?まじでえい!

ダークライも楽しみだぁ!!卒業試験も結構楽しめたよ~
2008/12/05(金) 19:56:27 | URL | シッポ犬 #tj5EHbbQ[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.