FC2ブログ
無愛想な犬
絵描いたりしてます(黒歴史と共に生きます)
202007<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202009
不安だらけ
銀牙伝説WEED新巻かってきましたぁ?

いやー


不安がいっぱいです
色々な不安

そしてその不安の一つが的中してしまいました・・・
やっぱりそうきたかぁ・・

というわけで追記にねたばれありますので
そういえば!!高橋よしひろ先生のサインが3ヶ月で9人の人にプレゼントらしいじゃないですか

名前入りで・・

ほっしいい!!
あーどうしよ 応募はするけど その先だ・・馬鹿にならないように気をつけなければ
同じ巻が複数なんて・・・

ならないか 俺はそこまで

本題に入る前に
今ウィードは54巻です
そして55巻56巻も12月1月に連続ででるそうです
やったー!!待ちわびる事がない!12月!!

・・・しかしここで不安が・・・
もう54巻になってくると・・いつ終わるのかが不安です・・
ウィードが終わってしまうと・・それなりに俺ショックです
なんか日常に当たり前のある漫画だったもので
なくなると腑抜ける

しかもあんな憧れと好みをすべて詰め込んだ漫画はないんです
犬とあの魂の強さ 漢たちの強さ
もうお目にかかれなくなるのが寂しくなります
いつ終わるかなんてまだまだわかんないですが、このハイブリット戦が終わったらオワリのような気がしてならないです・・
熊だし・・熊でおわりはいいけど終わって欲しくない




ではネタバレ感想
ちょと文章が集中してません・・すいません










しょっぱなから2つ目の不安

それは誰が死ぬか分からない・・・そもそも銀牙時代の頃から幹部犬はほぼ死なせる
という話をきいてたので前々から狂四郎やGBなんかが死ぬんじゃないかと不安で不安で・・


たしかにロシア戦でも白狼やモスも散っています

でもそれはなんとなくわかってたような気もしてみたり

今回北海道まで助けにきてくれた飼い犬のブービーそしてその息子がたまたま山でウィードと出会います

ただこのへんは危険地帯である また力がいるときは必ず呼ぶという約束をかわし、親子はウィードたちと別れます

まさかな まさかな
と思ってたら

やっぱり・・その親子はハイブリットと遭遇し

親子ともどもハイブリットの爪牙に散りました

すっごいショックだった なんていうか親が殺されても子はその意思を継ぎ生き残っていくような感覚でいたので

しかも飼い犬です
その周辺の飼い犬も行方不明になっていたそうです

まあそういうことですね はい

そのままその親子を殺したハイブリットを追うウィード

いつになったらウィードの抜刀牙は完成するんだ!?
いつのまにか斬り技じゃなくて打撃技になってるよ!!

ジョーの使うネックザキリングは白い戦士ヤマトのネックローリングですね
ただ威力は違いますが・・

幸村のネックザキリングも相当でしたからね

ジョーの飼い主とその仲間の策により、1頭のハイブリットは倒されたが・・

飼い主は1頭だと思っているようで終わったつもりいました
ただウィードたちはもう1頭

片目のハイブリットを倒すために
ジョーたちと合流します

赤カブトもそうですがハイブリットもすでに人を食ってます
そして今回も犠牲に人間がなりました

ただ迫力はトーンとかの関係もあるんでしょうね、赤カブトのほうが迫力がありました

片目のハイブリットを犬たちだけの力で倒す
それがどれだけ大変なんだろう

ここからまたどのくらい長引くんだろうとおもって読んでました

飼い主の敵を必死に追ってきたライガーたち
うち2匹は無謀な飛込みによって・・

その時がとても切なくて苦しくて
飼い主を殺された犬たちが死をも恐れずただただ敵をとるために・・・
それだけのために
いやそれだけという表わし方はよくありませんね

彼らは死ぬためにここにいる

そんな感覚でしょうか


その後ネックザキリング 抜刀牙を繰り出して応戦します

これがびっくり

この巻で勝負が終わりました(笑)
それが次なる不安を的中させてしまったです・・・


ハイブリットを倒したら父銀にあってもらう

約束だよ



その瞬間
聞こえてきた声

まさかですよ

ここでおわりですが
まさかのハイブリット3頭めですかね??って感じです

恐らくそれが最後じゃないかなぁとか思いますが

誰が倒れるのかすごい不安
狂四郎やGB 佐助
さすがにロケットはないと思いますが・・

あと奥羽軍がくるのかどうかによって銀の運命も左右されます

まさか小雪は大丈夫だよね??
めっさこわいよ

ジェロムはなんだかんだで大丈夫と思うんだけどなぁ リディアいるし

アニメではジェロム死んでるんですよねぇ・・あーいやだ

みんなぁ生きてくれ!!
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.